フロリダの安全な社会保険

終身の生命保険

生命保険の種類は色々とありますが終身保険の場合、なかでも契約期間に期限がないものであれば、その後一生涯保障される保険のことを終身保険といいます。つまり一生涯保障してもらえ、さらにいつ死亡したとしても、決められた保険金がもらえるというのが、生命保険の終身保険です。従来生命保険には定期保険か養老保険のどちらかしか存在しませんでした。

 

しかし日本人の平均寿命が長くなってきているため、定期保険や養老保険の場合でも、老後が来るまでに満期になり、その後の保険期間がなくなるというケースが増えてきました。

 

その保険期間をカバーするために作られたのが、生命保険の終身保険です。若い年齢で加入している場合には、保険料は定期保険よりも格安ですし、終身保険の場合には解約をすれば、解約返戻金がもらえるというメリットもあります。

 

生命保険の終身保険は、貯蓄型の保険といえます。掛け捨ての保険の定期保険と比較してみても、解約返戻金が残るということで貯蓄性が高いのが特徴です。

 

しかし生命保険の終身保険は良い面だけではありません。定期保険と比較してみると、解約返戻金があるために、保険料は少し高めに設定されていますし、契約をしてから2年間は継続して保険料の支払いを行わなければなりません。保険に入ってからすぐに死亡した場合は、保険金が少ししか支払われないというデメリットもあります。