フロリダの安全な社会保険

生命保険の受取人 

生命保険の受取人とは、保険料を支払って契約して加入していた保険の保険金を受け取る人のことです。

 

保険金を支払われるようなことが起きた場合に、生命保険会社に保険金を請求する手続きをした後に受け取ることができるようになっています。死亡保険金や満期保険金などを受け取ることができるのですが、受取人はどうやって決まるのかと言うと、契約する人が決めることになっています。生命保険の受取人が高度障害保険金受取人になったケースでは、被保険者本人と決められている場合もあり、契約者が決めることができないことになっています。

 

おもに生命保険金受取人は、契約者が夫である場合には妻が、妻が契約者である場合には夫が受け取るというのが通常ですが、それ以外に親が子供にかけるというケースもあります。保険金受取人になった場合には、受け取った事実が発生すれば税金を支払わなければならないので、どんな立場で、生命保険の受取人として保険金を受け取ったのかによって税金の種類が変わってきますから、良く確認しておきましょう。

 

生命保険金の受取人を変更したい場合もあるとおもいますが、その際には、保険会社に相談をしたうえで、保険金受取人の変更手続きを行うことになります。夫婦間で受取人になっていて、離婚した場合などには、生命保険受取人の変更が必要ですから、手続きを忘れないで行いましょう。