生命保険の掛け捨てと積み立てはどちらがいい?

生命保険の掛け捨てと積み立てはどちらがいい?

生命保険には大きく分けて定期保険・終身保険・養老保険などに分類されますが、その内容というのは、定期保険のように月々支払う掛け金ががそのまま保険料として使われ、解約した時などにはほとんど解約払い戻しがない掛け捨てタイプと、解約払戻金がある終身保険・養老保険などの積み立てタイプに分けられます。
積み立てタイプとしても終身保険よりも養老保険の方が貯蓄性が高く、払戻金が多い半面月々の掛け金は高くなってしまいます。

 

掛け捨てタイプと積み立てタイプとどちらがいいのかは一概には言い切れないですが、基本的にはそれほど変わらないのです。
積み立てタイプというのは、一部を保険料として、その残りを積み立てをしているというものですので、定期保険に加入して、その差額分を他の金融機関などに積み立てをしていれば、ほぼ同じことではあるのです。

 

以前は他の金融機関に積み立てるよりも生命保険として積み立てる方が利息が高かったため、生命保険の積み立てが人気があったのですが、近年は生命保険会社の利息も低くなっているため、また不景気で生命保険は掛け捨てにして、積み立てはその他で、というふうにしっかりわかりやすく分けているという人が多くなっているようです。