損害保険のメリットとデメリット

損害保険のメリットとデメリット

損害保険には自動車保険や火災保険など、さまざまな種類のものがあります。
いずれも基本的には偶発的な事故によって生じた損害を補償するというものになっています。

 

損害保険は商品を提供している保険会社などによって、保険料や補償金額などが異なります。
比較的保険料が安いといわれているのは外資系の保険会社ですが、保険料の金額にかかわらず、保険には必ずメリットとデメリットがあります。

 

メリットはもちろん事故があった際の補償ということになりますが、やはり事故対応の質は納めている保険料の金額に比例するという場合が多いようです。
特に外資系の保険料が安い損害保険などは、いざというときに支店が近くになくて不便であったり、融通が利かなかったりすることなどもあるようです。

 

最近では通販型の安い保険などに人気が集まっていますが、通販型は窓口での対応がないため、自分で保険内容をしっかりと調べて納得してから加入しなければなりません。
そして損害保険のデメリットとしては、指定された特定の損害に対してしか保険金の支払いがなされないということなどがあります。

 

たとえば火災保険に入っていても、震災などの天災によって火災が発生した場合には適用されないといったことは有名な話です。
知らなかったでは済まされない場合もありますので、保険に加入する際には十分に注意する必要があります。